2022.12.21

冬の手肌のお悩み<しもやけ・ひび・あかぎれ>を防ぐ方法

ビューティーコラム

冬になると悩まされがちな手肌のトラブル。その代名詞ともいえるのが「しもやけ・ひび・あかぎれ」。今回はそれぞれの症状と予防法について詳しく解説いたします。


しもやけってどんな状態?

寒い冬、手肌を暖める女性のイメージ

“しもやけ”とは繰り返す寒冷刺激によって血液の流れが悪くなり、炎症が起きた状態です。寒冷刺激だけでなく濡れた状態も、しもやけの発症原因になるとか。冬の寒い日に手袋が濡れたまま遊び続けてしまったとき、しもやけになって手が痛くなった! なんて経験はありませんか?

しもやけになると、肌の色が赤~赤紫っぽくなり、腫れや痛み、かゆみが伴います。

しもやけというと軽く見がちですが、ひどくなると水膨れやただれが起こり、皮膚の深い部分まで傷ついてしまうことも! 正しいハンドケアで、しもやけを予防することが大切です。ハンドクリームのなかには、しもやけ防ぐ効果のあるものも。しもやけができやすい方は、ハンドクリームを選ぶ際に表示をチェックしてみてくださいね。


“ひび”と“あかぎれ”って何が違う!?

食器洗いをする人のイメージ

“ひび”は、手肌の乾燥が進行して亀裂が入った状態です、その“ひび”が悪化して、さらに深い亀裂となると“あかぎれ”と呼ばれます。

“あかぎれ”となってしまうと出血したり、水がしみて痛みを感じたりと日常生活に支障ときたすことも。

“ひび”や“あかぎれ”の主な原因は乾燥。乾燥が原因となって、水や洗剤などの外部刺激によってどんどん悪化していきます。

そうなる前に、日頃のハンドケアがとても重要です。肌が乾燥したな、と思うときや水仕事をした後はハンドクリームで丁寧に保湿ケアをして、手肌を乾燥させないように気をつけましょう。


カルテHDのハンドクリームには「しもやけ・ひび・あかぎれ」を予防する効果が!

カルテHD モイスチュア ハンドクリームでハンドケアする人のイメージ

カルテHD モイスチュア ハンドクリームは、「しもやけ・ひび・あかぎれを防ぐ」効果が認められています。

ヘパリン類似物質HDが肌のうるおいの要ともいえる“うるおい構造(角層ラメラ)”へ働きかけ、肌のうるおいを高めて肌あれを防止。さらに、肌あれ防止有効成分グリチルリチン酸ジカリウムがあれがちな肌へ全方位にアプローチ。
冬の乾燥しがちな時期に硬くなりがちな手肌もしっとり保湿し、しもやけやひび・あかぎれなど、手あれをしっかりと防ぎます。

「高保湿のハンドクリーム」というとベタつきが苦手な方もいるかと思いますが、カルテHD モイスチュア ハンドクリームは、しっとりうるおうのにベタつかないテクスチャー。日常のどんなシーンでも負担感なく心地よく使えるようにこだわった使用感なので、ベタつきが苦手な男性やお子さまにも心地よくお使いいただけるこだわりの品質です。

ご家族みんなでたっぷりお使いいただける2倍サイズも発売中! 今年の冬は、早めにハンドケアをして、しもやけやひび、あかぎれなどのトラブルから手肌をまもりましょう!

※ヘパリン類似物質HDはヘパリン類似物質のことです。

お気に入りに追加する

5つのお得