用語集

Carté ヒルドイド®にまつわるさまざまな
スキンケア用語を丁寧に解説します。
スキンケアについてより詳しくなりましょう!

インデックス

医薬部外品

一般的に「化粧品」と呼ばれる商品の中には、薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)で、「化粧品」と「医薬部外品」に分類されます。この場合の「医薬部外品」とは、化粧品と医薬品の中間に位置する商品で、ある特定の効能・効果をもつ成分を含み、薬機法により承認された商品のことです。

うるおいキープヴェール

肌との親和性が高く、肌表面に密封ヴェールを形成し、肌の凹凸を整え、なめらかでしっとりと柔らかな肌に導きます。

うるおい構造(角層ラメラ)

肌のうるおいをつくりだすのに重要な役割を担う、うるおい構造(角層ラメラ)は、角層細胞と角層細胞の間に存在する細胞間脂質において、水分と油分が交互に重なりあったラメラ構造を形成し、肌内部の水分が外部に蒸散することを防ぎ、肌のうるおいを保ちます。

うるおい浸透カプセル

植物由来成分で保湿効果の高いエモリエントオイルを包みこんだ浸透感に優れたカプセルです。角層の奥深くまで浸透し、うるおいを効果的に届けます。

うるおいバリアCPX

厳選した7つの保湿成分を組み合わせた複合成分です。角層の奥深くまでバランスよく、うるおいを補給し、キメの整ったなめらかな肌に導きます。

(7つの保湿成分)
グリセリルグルコシド・スクワラン・セラミド類似ポリマー(グリセリル-N-(2-メタクリロイルオキシエチル)カルバメート・メタクリル酸ステアリル共重合体・3種のアミノ酸(セリン・テアニン・アセチルヒドロキシプロリン)・濃グリセリン

エモリエント

天然の皮脂のように肌表面を覆って水分の蒸散を防ぎ、皮膚を柔軟にする働きのことです。

グリチルリチン酸ジカリウム

肌あれ防止有効成分です。
肌あれしやすい乾燥した肌をすこやかに保ちます。

細胞間脂質

角層細胞の間を満たす脂質の総称で、主な成分は、セラミド、コレステロール、脂肪酸等です。細胞間脂質は、水分を含んだ層状構造を形成し、肌内部の水分が外部に蒸散することを防ぎ、肌のうるおいを保ちます。

セラミド

セラミドは細胞間脂質の50%を占める主成分です。肌の水分保持の働きに大きく作用し、肌のうるおいを保つのに重要な役割をもちます。

天然保湿因子(NMF)

角層細胞内にある天然保湿因子(NMF)でアミノ酸が主成分です。角層内で水分をとらえ逃がさない性質をもち、うるおいのある肌を保つために重要な役割をしています。

※Natural Moisturizing Factorのこと

バリア機能

肌には本来、外界からの刺激やウィルスやアレルゲンの体内への侵入を防ぎ、肌のうるおいを留めるバリア機能があります。バリア機能には、①肌表面にある皮脂膜②細胞間脂質③天然保湿因子(NMF)により、肌のうるおいを保ちます。

※Natural Moisturizing Factorのこと

ヘパリン類似物質HD

保水有効成分です。水分をつかんで離さない働きがあり、長時間うるおいをキープします。

その他にもご不明な点がございましたら、よくあるご質問をご確認ください。