2021.02.03

マスクによる肌あれ・乾燥……、正しいスキンケアでマスク生活を快適に!

ビューティーコラム

マスクを着ける機会が増え、「肌が乾燥した!」「肌あれした!」という声を多く聞きます。マスクで肌がボロボロになっても、残念ながら“マスクを着けない”という選択肢はないので、マスクに負けない肌づくりが重要! 今回は、”マスクに負けない肌づくり”のポイントをご紹介します。


マスクで乾燥や肌あれが起こる原因

マスクによる肌あれに悩む女性

日常的にマスクを着けるようになり、乾燥や肌あれに悩む人が多くなっています。マスクで乾燥や肌あれが起こるのはなぜなのでしょうか?


1.マスクの着脱による肌環境の急激な変化
「マスクの中はうるおった状態だから肌にいいんじゃないの!?」とお考えの方もいるかもしれません。確かに、ずっとマスクを外さず、高湿度の状態であれば肌にとってよい環境と言えるかもしれません。

ただ、マスクを取り外したとき、水分をたっぷり含んだ肌が乾燥した外気に急にさらされてしまいます。そうなると、肌内部の水分は急激に失われ、マスクをつける前よりも乾燥した「過乾燥(かかんそう)」の状態となってしまいます。

入浴後、保湿ケアなどせずに放っておくと、肌が乾燥してツッパリ感があることはないですか? それは高温多湿の環境で水分をたっぷり含んでうるおっていた肌が、急に温度・湿度ともに低い環境にさらされることで肌内部の水分が急激に失われてしまうから。

マスクを外したときの肌は、入浴後の肌と同じような状態。この急激な変化が繰り返されると肌はとてもデリケートな状態になり、乾燥や肌あれを起こしてしまいます。


2.マスクによる摩擦
マスクを着けながら話したり、何気なくマスクに触れたりすることで、肌とマスクがこすれてしまいます。すると、肌表面の角層がダメージを受けることで肌内部の水分が失われやすく、外部刺激を受けやすい状態となってしまいます。


マスクに負けない肌づくり、それは肌の「うるおい構造」を整えること

マスクによる蒸れや刺激に負けない肌を目指すには、まずは肌の「うるおい構造(角層ラメラ)」を整えることが重要。

うるおい構造には、肌の水分をキープし、外部刺激から肌を守る働きがあります。そのため、うるおい構造を整えるとマスクの着脱による環境変化にもゆるがず、マスクの刺激にも負けない肌を目指すことができます。

うるおい構造が整った肌と乱れた肌


マスクに負けない肌をつくる3つのお手入れポイント

スキンケアをする女性

「マスクで肌あれするから、マスクはしません!」

という訳にいかないのがつらいところ。だからこそ、日々のスキンケアでマスクに負けにくいタフな肌状態をつくり、快適なマスク生活を送りましょう!

1. マスク装着前には丁寧に保湿ケア
マスクを着ける前には丁寧に保湿ケアを。とくに、マスクと肌が触れる部分(頬や鼻、あご、耳の周りなど)には、摩擦を防ぐためにも、クリームなどの保護効果の高いアイテムで守ってあげるのがおすすめです。

2. 帰宅後、マスクをはずしたら洗顔→保湿ケア
マスクの内部は温度も湿度も高く、不衛生になりがち。そのため、帰宅後マスクをはずしたら、洗顔をして肌を清潔にリセット。その後は過酷な状況に耐えた肌を保湿ケアでいたわってあげましょう。

3. スキンケアアイテムはうるおい構造を整えるものをチョイス
マスクに負けない肌状態をキープするには、うるおい構造を整えることが重要。そのためのスキンケアアイテム選びも、とっても重要です。うるおい構造を整えて、うるおいをぎゅと離さない肌に導くものを選びましょう。

カルテHDの全アイテムには、保水有効成分「ヘパリン類似物質HD」を配合。肌のうるおい構造を整ます。しかも、肌あれ防止有効成分「グリチルリチン酸ジカリウム」も配合されているため、乾燥・肌あれ両面から肌をいたわります。

カルテHD トライアルセット

気軽に試せるトライアルセットもご用意していますので、「マスクで肌の調子が悪いな……」とお悩みの方はぜひ一度お試しください。

※ヘパリン類似物質HDはヘパリン類似物質のことです。

お気に入りに追加する

5つのお得