2021.05.05

“なんとなく不調肌”の原因はうるおいバランスの乱れ!?

ビューティーコラム

肌あれやニキビという肌トラブルはないけれど、なんとなく肌の調子が悪いな……、と感じることはありませんか? それは肌のうるおいバランスの乱れが原因かもしれません。うるおいバランスを整えて、“なんとなく不調肌”を脱出しましょう!


“なんとなく不調肌”の原因はうるおいバランスの乱れ

うるおいバランスの乱れに悩む女性

「化粧のりが悪い」
「顔色がパッとしない」
「いつも使っている化粧水なのに少し刺激を感じる」

など、これといった肌トラブルはないけど、なんとなく肌の調子が悪いことはありませんか?

このような “なんとなく不調肌”は、ホルモンバランスが乱れやすい生理前後や、疲れがたまってきた週の後半、暴飲暴食してしまった翌日などに起こりがちです。その原因はうるおいバランスの乱れが原因かもしれません。

肌のうるおいバランスが乱れると肌内部の水分量が減少し、肌がくすんだり、不調が目立ちやすくなったります。

バリア機能が低下した肌のイメージ図

それだけでなく、肌のバリア機能も低下するので外部刺激が肌内部に入り込みやすくなるため、いつもは感じない刺激に敏感になってしまいます。


“なんとなく不調肌”脱出の鍵は“うるおい構造(角層ラメラ)”

肌のうるおいバランスを整えるためには、肌自らがうるおいをしっかりと貯めこむ“うるおい構造(角層ラメラ)”を立て直すことが重要です。

うるおい構造の説明図

うるおい構造(角層ラメラ)が整うと、肌はうるおいで満たされます。そうすると、バリア機能も正常に働くので、外部刺激にもゆらぎにくくなります。

うるおい構造が乱れた肌と整った肌のイメージ


うるおい構造(角層ラメラ)を立て直す保水有効成分“ヘパリン類似物質HD”

カルテHD

カルテHDのスキンケアアイテム全品に配合されているヘパリン類似物質HDには

1.水分をぎゅっと引き寄せて離さない
2.うるおい構造(角層ラメラ)を立て直す
3.うるおいをみずから抱え込める肌に整える

という3つの働きがあります。

毎日使い続けることで、うるおい構造がしっかり整うのでストレスにもゆらぎにくい肌に整えることができます。

肌の調子が悪い日はもちろん、“なんとなく不調肌”の予防として毎日のお手入れに取り入れてみてください!

▶ヘパリン類似物質HDの詳しい働きを知りたい方はこちらをご覧ください。

※ヘパリン類似物質HDはヘパリン類似物質のことです。

お気に入りに追加する

5つのお得