2022.06.01

健康と美容のために、正しく「水分補給」を!

ビューティーコラム

水分、きちんと摂っていますか? 水分を適量摂取することは美容のためだけでなく、健康を維持するためにもとても重要です。今回は、水分補給の重要性と摂取のポイントを解説します。


1日に摂取すべき水の量は2.5L!

水を飲む女性のイメージ

私たちのからだの60%は水分でできています
つまり、体重60㎏の人であれば、約36kgが水分。

では、1日どれくらい水を飲めばよいのでしょうか?

答えは2.5L! 意外と多く感じませんか?

ただ、すべて飲んで摂取する必要はありません。

一般的に、食事から1.0L摂取され、栄養が分解される際に体内でつくられる水が0.3Lあるといわれています。そのため、残りの1.2Lを飲むことで摂取すればOK。

水分が不足すると、血液やリンパのめぐりが悪くなったり、代謝が低下したり便秘の原因となることも。

一方で、過剰な水分摂取はむくみや下痢などの原因に。
水をたくさん飲む美容法などもありますが、過剰に摂取する必要はありません。

適正量をこまめに取り入れることを心がけましょう!

※性別や年齢で差があります。


「のどが渇いた」ときはすでに脱水状態!?

「体内にたくさん水分があるなら、少しくらい水をとらなくても平気では?」

と思うかもしれません。

しかし、

体内の水分が
2%失われると、「のどの渇き」を感じ、
5%失われると、脱水症状や熱中症に、
10%失われると、筋肉がけいれんしたり、循環不全に、
20%失われると、死に至る

といわれています。

つまり、「のどが渇いた」と感じたときにはすでに脱水症状が始まっている状態。のどの渇きを感じる前にこまめの水分補給が必要なのです。

のどの渇きを感じる女性のイメージ

美容のためだけでなく、健康維持にも重要な水分。特に夏場の水分をとらずに過ごしてしまうと熱中症になることも。

特に最近はマスク着用により、のどの渇きを感じにくい状態。意識して、こまめな水分補給を心がけましょう!


「起床時」と「入浴後」は必ず水分を!

起床時の女性のイメージ

就寝中や入浴中はたくさん汗をかき、水分が不足しがち。そのため、起床後と入浴後は必ず水分を摂るようにしましょう。

摂取する飲料としては水やノンカフェインのお茶などがおすすめです。

アルコールやカフェインを多く含む飲料は、尿の排出を促す“利尿作用”があるため、水分補給としてはふさわしくありません。

特に、アルコールは利尿作用が高く、ビール10本飲むと11本分が尿として出てしまうとか! そのため、逆に脱水を起こしてしまうことも考えられます。

健康のためにも美容のためにも重要な水分補給。
適量をこまめに摂取して、美しく健やかな毎日をお過ごしください!

お気に入りに追加する

5つのお得