2021.12.08

過酷な環境で頑張る手肌にご褒美を! うるおい満ちるハンドケア方法

ビューティーコラム

度重なる手洗いや、消毒。そして、水仕事などで過酷な環境で毎日頑張る手肌。寒くなる季節は手肌の乾燥やカサつき、手あれなどに悩まされやすくなりがちに。頑張る手肌をトラブルから守るためにも、毎日のハンドケアでうるおいのご褒美を! 今回はハンドケアのポイントと効果的な方法をご紹介します。


手肌は乾燥しやすい部位

過酷な環境で頑張る手肌

常に外部の刺激にさらされ、過酷な環境下にある手肌。さらに昨今は新型コロナ感染対策のため、手洗い・アルコール消毒の回数が増加し手肌への負担も増加傾向に。

手肌も顔と同じく、皮脂・天然保湿因子・細胞間脂質の3つの要素によりうるおいを守り、外部刺激から肌内部を守っています。

うるおいを守る3つの要素

ただ、手肌には皮脂を分泌する皮脂腺が少なく、うるおいを守る皮脂膜がほとんどありません。その上、常に外部刺激にさらされているため、バリア機能が低下しやすく乾燥しやすい部位なのです。

手肌が乾燥してしまうと、外部刺激が肌内部に入り込みやすくなり、うるおいが逃げてしまいます。すると、手あれやあかぎれ、ひびなどに。それらが悪化すると、見た目だけでなく、不快感など日常生活に支障をきたすことも。

少し乾燥しているだけだから……、と甘く見るのは厳禁!

こまめな保湿ケアをして、うるおいを守ってあげることが重要です。


こまめにハンドクリームを塗る! が重要

ハンドケアの基本は “こまめにハンドクリームを塗ること” 。当たり前のように聞こえるかもしれませんが、手洗い・アルコール消毒のたびに丁寧にハンドクリームを塗るという基本的なお手入れがとても大切なのです。

ハンドクリームを塗る女性のイメージ

こまめにハンドクリームを塗る習慣をつけるためには、

✓手に取りやすい位置にハンドクリームを置いておく
✓出かけるときはハンドクリームを携帯しておく

ことが大切です。

ハンドクリームを塗るとき、どのように塗っていますか?

全体に丁寧に塗ることが重要ですが、意識してほしいのが“指先”

というのも、指先は手肌の中でもバリア機能が低く、特に乾燥しやすくあれやすい部位。手の甲や手のひらなどの広い部分にササッと塗るだけではなく、指先1本1本にまで丁寧になじませることを意識してくださいね!


時にはご褒美ハンドマッサージを

ハンドクリームを塗るたびに毎回ハンドマッサージをするのは大変ですよね。寝る前のリラックスタイムやティータイムなど、時間と心にゆとりがあるときに実践してほしいのがハンドクリームの効果を高めるご褒美ハンドマッサージ

ハンドマッサージはハンドクリームの肌なじみを高めるだけでなく、血流もよくなるため、身体もポカポカ。それだけでなく、リラックス効果やリフレッシュ効果も! お肌も心もしっとり満たされるご褒美ハンドマッサージ、ぜひお試しください!

ご褒美ハンドマッサージメソッド

ご褒美ハンドマッサージメソッド

自分自身にはもちろん、ご家族やパートナー、ご友人など身近な方にこのご褒美ハンドマッサージをしてあげるのもおすすめです。心をこめてマッサージすると、うるおいだけでなく安心感や信頼感も高まります。

手と手でつながるコミュニケーション、おすすめです!

お気に入りに追加する

5つのお得