2023.01.18

化粧品に使用期限ってあるの? 正しく使って健やかで美しい肌へ!

ビューティーコラム

食品には「賞味期限」や「消費期限」が記載されていますが、「使用期限」が記載された化粧品はあまり見かけませんよね。では、化粧品に使用期限はないのでしょうか? 答えはNO! 使用期限はあります! 今回は、化粧品の使用期限について詳しく解説します。


化粧品に使用期限が記載されていないのはなぜ?

日本の法律では、「製造後3年を超えて品質が安定な化粧品・医薬部外品については、使用期限を記載する必要はない」とされています。

カルテHDのアイテム

つまり、使用期限が記載されていない化粧品は「3年以上品質が安定している」と確認されているもの。未開封の状態であれば3年間は使用しても大丈夫ということです。

逆に、3年以内に変質してしまうものには使用期限を記載する必要があります。


開封してしまったら使用期限はどうなる?

「未開封の状態であれば3年」ということでしたが、開封後はどうでしょう。

化粧品は開封すると、ほこりや雑菌が入ってしまう可能性があります。そのため、できるだけ早く使いきってしまうことがおすすめです。

使用後は容器の口もとを清潔なティッシュなどできれいにふき取り、キャップはきちんと閉めましょう。

化粧品のイメージ

化粧品の品質をまもるためには保管方法も重要です。
保管場所は直射日光の当たらない常温の室内で。高温多湿の場所は避けましょう。
特に、長期間使用しない場合は保管する環境に気を付けてくださいね。

毎日使う化粧品だからこそ、使うときは丁寧に、保管するときは適切に。化粧品が最後まで最高の効果を私たちの肌にもたらしてくれるよう、品質をまもりましょう!


こんな場合は要注意!

使用期限内であっても以下のような状態のものは要注意!

✓ 変なにおいがする
✓ 分離している
✓ 変色している
✓ 何かが沈殿している

これらの場合、変質している可能性があり、使ってしまうと肌トラブルの原因に。

ちょっと怪しいな、と感じた場合は直接肌につけるのではなく、ティッシュペーパーなどに出して色やにおいを確認し、異常がないことを確認してから使ってくださいね。

お気に入りに追加する

5つのお得