2021.01.07

\ 新年、美肌祈願 / 原点回帰の保湿ケアで、健やかな美しい肌へ

ビューティーコラム

「一年の計は元旦にあり」 この言葉の通り、元旦は目標や計画をたてるのに最適なタイミング。 新しい一年の始まりにスキンケアを見つめなおして「美肌」を目指してみませんか? スキンケアの基本である「保湿ケア」の大切さを確認し、健やかな美しい肌を目指しましょう!


美肌への近道は、基本の保湿ケアの積み重ね

化粧水のテクスチャー画像

新年、明けましておめでとうございます!
一年の始まりに、気持ちを新たにいろんな計画や目標をたてている方も多いかと思います。今年はその中に「肌を健やかに、美しく保つ」という目標を加えてみるのはいかがでしょうか?

それだけ言われると、「具体的にはどうすればいいの!?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。実際に行うべきことはとってもシンプルで、「毎日のスキンケアを欠かさず丁寧に行う」こと。

健やかで美しい肌は、毎日のスキンケアの積み重ね。「毎日のスキンケアを欠かさず丁寧に行う」ということは、基本的だけど肌にとって大切なことなのです。

では、スキンケアの基本を確認していきましょう!


スキンケアの基本は、「落とす」・「補う」・「守る」

タオルで顔を拭く女性

最近のお悩みとしてよく聞くのは、「【スキンケア】と検索しても、いろんな情報が出てきて本当に必要なことがどれなのか分からない!」ということ。

スキンケアの基本はとってもシンプルで、「落とす」・「補う」・「守る」の3つだけ。
では、この3つの基本のスキンケアのポイントを見ていきましょう。

「落とす」スキンケア

洗顔をしている女性

肌についた汚れやメイクアップ料を落として、まっさらの素肌にリセットすること。洗顔やクレンジングですね。

毎日の「落とす」スキンケアは健やかな肌を保つためにもとっても大切。「メイクをしたまま寝ちゃった!!」なんてないように気をつけましょう。

「落とす」スキンケアで大切な5つのポイント
1. お湯の温度は「少しぬるいかな?」と思うくらいのぬるま湯を使う
2. 洗顔時は、洗顔料をしっかり泡立てる
3. ゴシゴシこすらない
4. すすぎはしっかり!すすぎ残しのないように
5. 顔の水分を拭き取る際も、ゴシゴシ拭かずに優しく丁寧に

「落とす」スキンケアは、間違った方法で行うと乾燥や肌あれなどトラブルの原因となることも。「優しく丁寧にきちんと落とす」を心がけましょう!

「補う」スキンケア

スキンケアをしている女性

肌をうるおいで満たし、水分と油分のバランスを整えること。
まずは、化粧水で肌に水分を与え、乳液で水分と油分のバランスを整えて、肌を柔軟にします。化粧水だけでなく、乳液を一緒に使うことでバリア機能が整います。乾燥しやすい時期は、最後にクリームでうるおいをギュッと閉じ込めるとよいですね。

肌が十分にうるおうと、肌は健やかで美しくなろうとする力を発揮します。そのため、「与える」スキンケアで最も重要なのが保湿ケアです。
自分の肌の状態を感じながら、必要な部位に必要な分だけきちんとうるおいを届けてあげましょう。

「守る」スキンケア

化粧水などを肌になじませている女性

日中、紫外線などの外的刺激から肌を守ること。
特に、紫外線はシミや乾燥、しわなどの原因となるため、きちんと守ってあげることが大切です。一説によると、肌が老化する原因の80%は紫外線のせいだとか。それほど紫外線は肌にダメージを与えてしまうので、毎日きちんと紫外線対策を行うことが大切です。

「冬は紫外線対策をしていない」、という方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違い! 冬でも紫外線は降り注いでいます。特に、紫外線のなかでも波長の長い「UV-A」はしわの原因になるともいわれており、窓ガラスなども透過するため室内でも危険! 健やかで美しい肌を目指すためには365日紫外線対策を行いましょう!


「うるおい構造(角層ラメラ)」を整えて美肌を目指そう!

健やかで美しい肌の要は、角層にある「うるおい構造」。肌が自らうるおいをつくり出し、そのうるおいを肌の中にしっかり抱え込むことができれば、ハリ・ツヤに満ちた肌を実現することができます。

うるおい構造(角層ラメラ)の画像

肌のうるおい構造を整えるために重要なのが、毎日の基本のスキンケア。特別なことをしなくても、日々のスキンケアを丁寧に行うだけで、肌は結果をちゃんと返してくれます。 肌が秘めた力を引き出すためにも、スキンケアは毎日怠らず、きちんと行いましょう!

お気に入りに追加する

5つのお得