2021.10.13

温度・湿度が低下する秋、スキンケアの衣替えでうるおい美肌をキープ!

ビューティーコラム

秋は気温も下がり、比較的過ごしやすい季節。ただ、肌にとっては気温・湿度の下がる秋は乾燥によるくすみや肌あれに注意が必要な季節でもあります。特に夏の紫外線ダメージが回復していない肌は要注意! 肌トラブルが起こる前にスキンケアを衣替えしてうるおい美肌で秋を楽しみましょう!


秋の肌ってどんな状態?

肌の乾燥を気にしている女性のイメージ

秋は気温も湿度も低下する季節。特に注意したいのが“乾燥”です。

温度・湿度が低下する秋から冬にかけては、肌が常に乾燥した空気にさらされて肌内部の水分が奪われやすく乾燥しやすい状態に。

秋は特に夏に受けた紫外線ダメージが残っているため、温度・湿度低下による肌の不調が起こりやすくなっています。

例えば、

✓ スキンケアアイテムのなじみが悪くなってきた
✓ 透明感がなく、くすみが気になる
✓ スキンケアした後なのに乾燥が気になる
✓ フェイスラインにザラつきを感じる

なんて感じたら、スキンケアの衣替えを考えてみてもよいかもしれません。


スキンケアの衣替えって何をすればいい?

「スキンケアの衣替えって大変そう……」

と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

洋服でも秋になったからといって着るものを総とっかえするのではなく、インナーを暖かい素材にかえたり、上着を羽織ったりと少しずつ調節しますよね。

スキンケアの衣替えも同じで、

✓ 今お使いのスキンケアに保湿力の高いアイテムをプラスする
✓ 今お使いのスキンケアをしっとりタイプにチェンジする

だけOKなのです。

例えば、化粧水と乳液をお使いの方は、お手入れの最後にクリームやバームなどの保湿力の高いアイテムをプラスしたり、

いつものお手入れにクリームやバームをプラス!

オールインワンゲルをお使いであれば、しっとりタイプのオールインワンにチェンジ

オールインワンをしっとりタイプにチェンジ!

するなど。

「使用アイテムやお手入れステップは変えたくない!」

という方は今お使いのスキンケアの使用量を少し増やしたり、塗布するときに丁寧にハンドプレスするように心がけるだけでも肌は変わってきますよ。


秋こそ“うるおいハグケア”

うるおいハグケアのイメージ

乾燥しやすく、肌の不調が気になる秋こそ“うるおいハグケア”で肌をいつくしむようにケアしましょう!

うるおいハグケアの基本は、肌を手のひら全体で包み込み、やさしくなじませるハンドプレス。

ハンドプレスのメリットは

・肌に摩擦や刺激などの負担感なくケアできること
うるおいを角層のすみずみにまでじっくり浸透させることができること
・ほどよい圧がかかるため、マッサージ効果が期待できること
・手のひらで肌の状態を確認できること

など、盛りだくさん!

スキンケアの衣替えと同時にお手入れ方法も見直して、秋もうるおい美肌で楽しく過ごしてくださいね。

▶ハンドプレスの方法は『見直そう、基本のお手入れ! ビューティディレクターが教える「基本の保湿ケア」』で詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

お気に入りに追加する

5つのお得