2021.11.17

大人ニキビはなぜできる!? ニキビを繰り返さないために大切なこと

ビューティーコラム

仕事や家事が忙しかったり、夜更かしをしたり、疲れがたまったな……、と思った時にポツッとできる“大人ニキビ”。ニキビというと若い人にできるというイメージですが、実は大人の肌には大人の肌なりのニキビができる理由があるのです。今回は大人ニキビについて詳しく解説します。


思春期ニキビと大人ニキビとは違うの?

思春期ニキビとはその名の通り、思春期の頃にできるニキビのこと。一方、大人ニキビとは思春期を過ぎた大人の肌にできるニキビで、“吹き出物”とよばれることもあります。

思春期ニキビと大人ニキビ、呼び方が違うから別のもの? と思うかもしれませんが、まったく同じものです。

思春期ニキビも大人ニキビもできる原因は

✓ 毛穴の詰まり
✓ 皮脂
✓ アクネ菌

の3つ。

ニキビの原因

ニキビは毛穴が詰まることから始まります。
詰まった毛穴の中に皮脂がたまり、ニキビの原因菌であるアクネ菌が毛穴の中で皮脂をエサに増殖することで “ニキビ” となるのです。


乾燥肌なのにニキビができるのはなぜ?

皮脂が原因だとすると、乾燥肌にはできないのでは? と思いますよね。実際、思春期ニキビができる主な原因は皮脂が過剰に分泌されること。オイリー肌(脂性肌)にできることが多いのが特徴です。

一方で、大人ニキビは肌質関係なくできるのが特徴で、肌の生まれ変わりである “ターンオーバー” のリズムが乱れることが主な原因。ターンオーバーのリズムが乱れると、不要な角質が肌表面に溜まって毛穴が詰まりやすくなってしまうのです。

大人ニキビに悩む女性のイメージ

乾燥肌でもターンオーバーが乱れて毛穴詰まりが起こってしまうとニキビはできるのです。


大人ニキビは治りにくい!

例えば、どこかに擦り傷ができたとしますよね。若いころはすぐに治っていたのに、歳を重ねるにつれ治りが遅くなってきた……、と感じることはありませんか?

ニキビも同じです。加齢により肌の代謝や回復力が低下しているため、大人ニキビは思春期ニキビよりも治りにくい傾向があります。

それに加え、睡眠不足や偏った食事、ストレスなど、生活習慣においてもニキビが治りにくい・悪化しやすい環境となりやすいのも大人の特徴。

疲れがたまっている女性のイメージ

これらの理由で「一度できたニキビがなかなか治らない!」というスパイラルに陥ってしまうのです。


大人ニキビの予防法は?

実は、大人ニキビの予防法はとってもシンプル。

基本的なスキンケアを丁寧に行うこと。

肌の調子がよい女性のイメージ

例えば洗顔。たっぷりの泡をたてて、泡を肌の上で転がすように丁寧に洗いましょう。ゴシゴシこするのは禁物です。間違っても「メイクを落とさずに寝ちゃった!」なんてことはないように!!

洗顔後はすぐに保湿ケアを行いましょう。ニキビができやすい方は乳液やクリームなど、オイルがたくさん配合されたアイテムは苦手……、と思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、うるおいを肌にキープするためには重要なアイテム。

気になる方は「ニキビのもとになりにくい処方(ノンコメドジェニックテスト済み)」という表記のあるアイテムや、ニキビ予防の有効成分が配合されたアイテムを選びましょう。

実は、ニキビ予防のためには紫外線ケアも重要なのです。紫外線を浴びると皮脂が過剰に分泌されたり、ターンオーバーが乱れたりと肌に悪影響が! そのため、日焼け止めで紫外線から肌を守りましょう。

スキンケア以外にも

✓ 質の高い睡眠をとる
✓ バランスのとれた食事を摂る
✓ ストレスをためない

など、生活習慣に気をつけることも大切。肌のターンオーバーを整える作用のあるビタミンB群が含まれたサプリメントを取り入れてみるのもいいですね。

一度できるとなかなか治りにくい大人ニキビ。先回りの“予防ケア”でニキビに悩まされない日々を過ごしましょう!

お気に入りに追加する

5つのお得